ノーモア・ヒロシマ ナガサキ! ノーモア・フクシマ!
〜原発問題をどう教えるか(完結編)〜




 広島平和教育研究所第1部門では,2011年9月より原発問題を教材化するための指導案を作成してきました。
 東京電力福島第一原子力発電所の事故により放射能の飛散とそれに伴う深刻な被害を出し,「核と人類は共存できない」ことを改めて証明しました。しかし,学校現場では原発事故や放射線の危険性についてほとんど教材化されていない現状があります。これは原子力発電のしくみや放射線などの専門的な知識を必要としていること,教科書実践の域を脱することができない弱さがあるものと思われます。また,政権交代後,「原子力ムラ」による巻きかえしが強まっており,ますます原発問題の教材化は喫緊の課題となっています。
 このような課題をふまえ,原発問題を教材化することにより,原子力発電や放射線に対する正しい認識を育て,原子力発電のあり方や将来のエネルギーについて考えさせたいと考え,指導案を作成してきました。
 2011年度と2012年度の2か年で完成する予定でしたが,編集会議が2か月に1回程度しか開けず,結局3年かかりました。作成した指導案は全部で15本となり,「2.原発問題カリキュラム表」で年度ごとに作成した指導案がわかるようにしています。
2011年度と2012年度作成の指導案は,すでに『平和教育研究』VOL.39,40号に掲載していますが,利用者の利便を図るために2011〜2013年度作成分の15本全てを『平和教育研究』VOL.41号(本誌)に掲載することにしました。
 最後になりましたが,2011年度作成分の指導案については,2012年10月に滋賀県大津市で開催されました,日教組平和集会に提案し,多くの参加者から評価をいただきました。
今後,これらの指導案が広く現場で活用されることを強く願っています。
 

2014年3月31日
広島平和教育研究所第1部門

                                                

◆PDF一括データ 

◆Wordデータ
 1.教材化の視点と内容
 2.原発問題カリキュラム表
 3.指導案
   @ 発電のしくみ・送電のしくみ   
   A 原発事故の教材化
   B 快適な生活を工夫しよう   
   C ヒロシマを知ることは未来を考えること
   D 原爆と原発事故(被曝)の教材化
   E 核兵器と原子力発電  
   F エネルギーの教材化
   G 持続可能な社会に向けて   
   H 世界の資源・エネルギーと環境問題 
   I ビキニ核実験と第五福竜丸の教材化
   J 福島第一原子力発電所事故とナガサキ
   K 核軍拡と核軍縮の教材化    
   L 21世紀の資源・エネルギー問題
   M 世界平和の実現       
   N 科学の発展と人間の生活